noteがポイント機能導入、クリエイター収益増加を後押し

・noteがポイント機能導入 ・有料記事購入が最大20%お得 ・クリエイター収益増加を後押し

メディア デジタルメディア
noteがポイント機能導入、クリエイター収益増加を後押し
  • noteがポイント機能導入、クリエイター収益増加を後押し
  • noteがポイント機能導入、クリエイター収益増加を後押し

2024年1月5日(金)から、メディアプラットフォームnoteが新たなポイント機能「noteポイント」を導入します。noteポイントは、noteがユーザーに配布し、有料記事の購入に利用できます。同日から、有料記事を最大20%お得に購入できるキャンペーン「noteポイント祭」を開催します。

noteのミッションは、クリエイターが創作を続けられるエコシステムを提供することです。今後はnoteポイントを活用した販促キャンペーンを定期的に実施し、作品やコンテンツがより一層売れやすくなる環境を整え、クリエイターエコノミー市場の拡大にも貢献していきます。

noteポイント祭では、キャンペーン期間中にnoteで有料記事を購入したユーザーに、購入金額の最大20%分をnoteポイントとして返します。noteがポイント機能を使ったキャンペーンを行うのは、今回が初めての試みです。

noteポイントの導入は、note内での購買を促進し、クリエイターがより多くの収益を得ることを目的としています。noteポイント祭の対象となる有料記事は、noteの年間流通金額111.9億円(2022年11月期実績)のうち約7割を占めます。そのためクリエイターは、本キャンペーンを通じて、収益性の向上や、潜在的な収益機会の拡大が望めます。

また、noteでは、販売数や読者のスキ率などの指標を踏まえて厳選した有料記事50選を発表しました。これらの記事も、noteポイント祭でのキャンペーン対象となります。

noteはクリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿して、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。2014年4月にサービスを開始し、約3,740万件の作品が誕生。会員数は700万人(2023年8月時点)に達しています。

《AIbot》

関連タグ

AIbot

AIbot

主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースも自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。(この著者の投稿にはAIで生成されたコンテンツが含まれますが、編集者の校正を経ています)

特集