fbpx

「SmartNews」英語圏の記事への流入元で第10位にランクイン・・・米Parse.ly発表

アクセス解析ツールを提供する米Parse.lyが発表した、2018年12月の英語圏における記事へのトラフィック流入元によれば、スマートニュース株式会社が提供する「SmartNews」が初めて第10位となり、これまで10位を守ってきた「Yahoo」を逆転したそうです。

「SmartNews」は米国のAppStoreのNewsカテゴリランキングでも9位に入り、健闘しているようです。

SimilarWebによるランキング

その他の流入元の順位は10月や12月から変化が無かったそうです。

  1. goolge (31.2%)
  2. facebook.com (14.4%)
  3. news.google.com (2.3%)
  4. twitter (1.7%)
  5. from.flipboard.com (1.6%)
  6. googleapis.com (1.4%)
  7. drudgereport.com (0.8%)
  8. bing (0.6%)
  9. pinterest (0.5%)
  10. smartnews.com (0.5%)

1位「Google」と2位「Facebook」が圧倒的な影響力を持っている事が分かります。「Flipboard」(ニュースキュレーションアプリ)が5位に付けている点や、「Drudger Report」(保守の政治系アグリゲーションサイト)が7位に入っているのは米国ならではかもしれません。

2位の「Facebook」はメディアに対するリーチを減少させていて、多くの米国パブリッシャーが苦境に陥っています。これによりパブリッシャーはユーザーからの直接トラフィックを獲得する戦略に移行しています。Parse.lyのデータでも「メッセージ、メール、ダイレクト」からの流入が「Facebook」からの流入とほぼ同等になっている事が示されています。

また、流入回数こそほぼ同等になっているものの、シェアされているユニークな記事数は「メッセージ、メール、ダイレクト」の20万件に対して、「Facebook」では6万件に留まっていて、「Facebook」で流通するのはごく限らた記事となっていると指摘しています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【12月24日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【12月8日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

「いらすとや」がサイト更新を1月末で一時停止、休止期間を経て不定期更新へ

フリー素材集「いらすとや」がサイト更新の一時停止...

お知らせ

Manabu Tsuchimoto
Manabu Tsuchimoto
デジタルメディア大好きな「Media Innovation」の責任者。株式会社イード。1984年山口県生まれ。

関連記事