株式会社オールアバウトが8日に発表した2020年3月期 第2四半期の連結業績(2019年4月1日~2019年9月30日)は、売上高76億7100万円(前年同期比10.2%)、営業利益1200万円(-%)、経常利益1500万円(-%)、親会社株主に帰属する四半期純利益▲5700万円(-%)となりました。

マーケティングソリューションセグメントでは、コンテンツマーケティン グ受注の低下や、利益率の高いプログラマティック広告売上の減少などが影響。 外部顧客に対する売上高は1,579百万円、セグメント利益は28百万円となりました。

コンシューマサービスセグメントでは、サンプリング事業の「サンプル百貨店」における商品調達の拡充と会員数の増加に注力し、カテゴリーマネジメントの改善に取り組み、主力の有料サンプリングサービス「ちょっプル」は引き続き堅調に推移してます。一方で、デジタルコンテンツ販売マーケットプレイス事業において、ディー・エル・マーケット株式会社が運営する「DLmarket」のサービスの提供を停止しておりましたが、2019年6月に運営を終了したことによる影響がありました。以上の結果、コンシューマサービスセグメントの外部顧客に対する売上高は6,091百万円、セグメント利益は153百万円となりました。

今期の通期業績予想は、売上高154億円(前年同期比3.6%)、営業利益2億2000万円(88.2%)、経常利益2億2000万円(175.5%)、親会社株主に帰属する四半期純利益5000万円(-%)としています。

※本記事は決算AIによって生成されました