fbpx

小学館と集英社、Fringe81が新広告メニュー「アテレコ広告」の提供をスタート

株式会社小学館、株式会社集英社、Fringe81株式会社は良質な漫画作品を多く輩出している出版社のマンガアプリに広告を配信できるManga Ad Platform(MAP)を共同運営しています。

今回、2020年1月6日よりMAPが厳選した人気漫画作品のマンガコマを使って広告配信ができる「アテレコ広告」の提供を開始しました。

サービス提供の背景

小学館や集英社が誇る人気マンガ作品を使った広告商品(人気作品とのタイアップや描き下ろし等)は、絶大な効果をもたらしていました。しかし、マンガ作品と商品の世界観を合わせるうえで時間と費用がかかる場合があり、広告主からは「マンガを活用した広告をもっと手軽に実施したい」という声もありました。

さらに、インターネット広告市場においては、ビューアビリティ、アドフラウド、ブランドセーフティといった広告価値の毀損に関わる問題が課題となっています。対策のひとつとしてメディアの世界観やユーザー体験を損なわない広告商品の開発が求められています。

そのため、これらの課題を解決して、より多くの広告主様にマンガアプリ広告を活用した広告効果を実感してもらうとともに、インターネット広告の取引の健全化に貢献するためにアテレコ広告の提供開始に至ったとのことです。

サービスの概要と特長

「アテレコ広告」は、小学館「マンガワン」、集英社マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」で掲載されている作品を広告のクリエイティブに活用したインプレッション保証型の予約型広告です。

マンガとマンガコマを選んでセリフの挿入という簡単なフローでクリエイティブ審査まで進行可能となっています。手軽なマンガコンテンツとの親和性の高い広告クリエイティブの配信が可能です。

マンガワン、少年ジャンプ+の人気マンガ作品とタイアップが可能で、作品選定から配信設定、セリフ挿入のクリエイティブ制作までMAP運営事務局と出版社が責任を持って対応します。

広告効果

・広告でもコンテンツとして受け入れられやすくなる
・興味を引き立てやすくなる
・記憶に残りやすくなる

以上がマンガコンテンツを広告クリエイティブに活用する広告効果です。また、アテレコ広告では株式会社オープンハウスなどの成功事例もあります。

今後の展開

アテレコ広告で使用可能な作品、コマは随時追加する予定とのことです。また、初回限定の特典も用意されています。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,126フォロワーフォロー

最新ニュース

お知らせ

関連記事