fbpx

ユーザベース、世界180ヵ国以上約10,000人のエキスパートネットワーク「GlobalWonks」と資本業務提携

株式会社ユーザベースは、米国GlobalWonks, Inc.と資本業務提携契約を締結し、経済情報プラットフォーム「SPEEDA」の日本市場への展開に関する製品連携に向けた基本合意を締結しました。

ユーザベースがGlobalWonksが発行する200万ドルの転換社債を引き受けます。転換時の持株比率などは開示されていません。

GlobalWonksは世界180ヵ国以上で約10,000人のエキスパートネットワークを保有し、国際ビジネスや金融、ファイナンス、公共政策など、第一線で活躍する専門家とリアルタイムに繋がり、信頼性の高い情報を得ることができるサービスです。

4月に発表したミーミルの完全子会社化で、ユーザベースは日本国内約6,000人のエキスパート・ネットワークを有したことに加え、今回の業務提携を通してSPEEDAにGlobalWonksが有する世界的なエキスパート・ネットワークの価値を加え、SPEEDAユーザーに、「グローバルな専門家の知見」を提供していくとしています。

【GlobalWonks, Inc. 概要】
社名:GlobalWonks, Inc.
設⽴:2017年3月1日
代表者:CEO Cenk Sidar/COO Bilal Baloch
所在地:1875 Connecticut Av. NW, 10th Floor, Washington DC 20009
会社 HP:https://www.globalwonks.com/app/index

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【2月16日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【2月16日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

ニュースに支払うプラットフォーム、慈雨ではなく新たな利権に過ぎない【Media Innovation Newsletter】2/28号

本誌でも再三お伝えしているように、オーストラリアで議論されていたプラットフォーマー(グーグルとフェイスブック)に対して、ニュース利用に対する対価の支払いについて交渉を義務付け、仲裁の仕組みも導入した「ニュースメディア交渉法」(News Media Barganing Code)が修正の上で可決される見通しとなりました。

お知らせ

Nakashima Takeharu
Nakashima Takeharu
「佐賀経済新聞」編集長。県内で開催のアジア最大級の熱気球大会では広報・メディア対応とネットコミュニケーションを担当。

関連記事