【メディア企業徹底考察 #13】UUUMが売上高を下方修正、ライバーへの出資は買収への布石か?

YouTuberのマネジメントを行うUUUM株式会社が、2021年5月期の通期売上高を従来予想の286億円から243億円へと15.0%引き下げました。電通の調査によると、2020年のインターネット動画の総広告費は3,862億円と、前年比21.3%の増加となっています。しかし、UUUMの売上高は、2020年5月期から2021年5月期で8.2%しか伸びていません。巣ごもり特需ともいえる稼げる状況下で、売上の伸びが抑制されてしまいました。

■UUUM業績推移(単位:百万円)

決算短信より筆者作成

UUUMは2019年5月期までは新興企業らしい驚異的な成長を遂げていましたが、2020年5月期から急ブレーキがかかり、売上高は前期比13.9%増。2021年5月期には8.2%増と更に伸びが縮小しました。同時に利益率も急激に悪化し、6%台の高い利益率が3%台まで低下しています。

動画広告の総広告費とUUUMの売上高を重ねると、その苦境ぶりが浮かび上がっています。下のグラフは、インターネット動画の総広告費の伸び(前年対比)と、UUUMの売上高(2018年は2019年5月期)の前期比の伸びの比較です。

■動画広告とUUUMの売上高の伸び率の変化

2018年は市場の伸長率と歩調を合わせていましたが、2019年から大きく水をあけられています。この背景にはYouTuberの事務所離れや不祥事による影響があると考えられます。そのような中、UUUMは人気ライブ配信者コレコレを抱える株式会社ライバーと資本業務提携しました。動画広告以外の収益柱構築を急いでいるように見えます。

この記事はUUUMの事業構造を解説し、ライバーとの資本業務提携が事業戦略上どのような意味を持つのか解説するものです。

企業とのパイプが構築できずYouTuber頼みに

[MMS_Paywall]

UUUMは2013年6月創業のYouTuberのマネジメント会社です。芸能人のマネジメント事務所はテレビ番組やイベントなどへの出演交渉を行いますが、UUUMはYouTuberが活動するための企画や動画編集などに携わります。従来の芸能事務所とは機能が大きく異なるのです。裏を返すと、芸能事務所はテレビ局などのキーマンとのパイプが強固であり、人脈が開拓できていない新人は所属するメリットが高いことになります。一方、YouTuberは基本的に1人で企画を立てて動画を編集し、動画についたコメントの返信も自分でできます。事務所に所属するメリットが必ずしも高いとは言えません。

これが大量の離反者を招くことになりますが、この詳細は後述します。

UUUMははじめしゃちょーやHIKAKINといった大物YouTuberを抱えています。2020年6月末時点でのチャンネル登録者数トップ10のうち、4名がUUUM所属です。

■チャンネル登録者数ランキング

決算説明資料より抜粋

事業は大きく4つに分かれています。YouTubeからの収入となる「アドセンス」、企業とのタイアップ広告である「広告」、イベントやグッズの販売をする「クリエイターサポート」、自社チャンネルの「自社サービス」です。各事業の業績は以下のように推移しています。

■事業別売上高推移(単位:百万円)

決算説明資料より抜粋

これだと少しわかりづらいので、2020年5月期と2021年5月期の第3四半期で詳しく見てみましょう。

■事業別業績の比較(単位:百万円)

売上高は50%以上をアドセンスに依存しています。巣ごもり需要でタイアップ広告の案件は獲得しやすくなっていたと予想できますが、この事業の2021年5月期第3四半期の売上高は前期比1.6%しか増加していません。また、構成比率も30%以下と低いです。

ここがUUUMの弱点です。通常、個人事業主であるYouTuberやインフルエンサーが成長段階にある場合、稼ぎやすい企業案件の獲得はしづらいです。事務所に所属することで手っ取り早く大口の企業案件が獲得できるのであれば、所属するメリットも高まります。新人YouTuberを受け入れて育て、企業案件を与えて成長を促進し、大物YouTuberになって会社に還元する。これが理想的な姿でした。

そうなれば業績面でも有利です。所属する大物YouTuberが事務所を離れたとしても、企業案件が会社を支えていればバランスを崩すことにもならないからです。上場企業でしか獲得できない大企業との太いパイプを多数構築できなかったことは、苦戦することになった大きな要因の一つだと考えられます。UUUMは個人の活動に寄りかかり、マネジメント会社としての交渉力を失っていました。これが離反を招くことになるのです。

2020年はYouTuber反逆の年に

2019年12月に所属YouTuberのブレイクスルー佐々木さんが事務所を離れると発表しました。UUUMのスタッフと反りが合わなかったことや、参加しないオフ会に自分の収益の一部が使われていることなどに不満を持っていたと語りました。また、すでに十分なチャンネル登録数があり、大口の企業案件も自分一人で獲得できるといいます。

2020年2月には、先ほどのチャンネル登録数ランキングで5位に入っていた木下ゆうかさんも退所すると発表します。4月には美容系の関根りささんが離れることを発表しました。計20人以上のYouTuberが続々といなくなってしまったのです。UUUMなどのマネジメント事務所に所属をすると、アドセンスの20%を事務所に手数料として支払います。事務所に所属することが、その価値に見合わなかったと感じていたことも大きいと考えられます。

さらに不祥事にも見舞われます。6月下旬、UUUM所属の水溜りボンド、アバンティーズなどがあやなんの誕生日パーティーに出席していたことを週刊文春が報じました。緊急事態宣言下でカラオケをしていたことが世間のひんしゅくを買い、UUUMは謝罪へと追い込まれます。

■UUUMの謝罪内容

ニュースリリースより

人気YouTuberワタナベマホトさんとの契約も2021年1月に解除しています。ワタナベマホトさんは2021年1月に結婚と妊娠を発表していましたが、その日の夜に未成年女性にわいせつな写真を送るよう要求。児童ポルノ問題が持ち上がったのです。

不祥事や契約解除が立て続けに起こっています。アドセンスが会社を支えているUUUMにとっては頭が痛いだけでなく、業績に直結する大問題です。

ライブ配信へと食指を伸ばす

UUUMは2021年6月にライバーと資本業務提携契約を締結すると発表しました。詳しい内容は伏せられているものの、UUUMがライバーに出資をして株式の一部を取得したとの見方が濃厚です。ライバーはゲーム実況者などのライブ配信者(クリエイター)のマネジメントをしています。もともとはUUUMと同じマネジメント業に特化していましたが、自社のライブ配信プラットフォーム「Live2U」を構築しました。

ライブ配信はミュージシャンなどが活動自粛に追い込まれたことで、注目の市場です。YouTuberへの依存度が高いUUUMにとっては、自社のプラットフォームを持っている点は事業戦略上魅力の一つと言えます。今回の出資は将来的な買収の布石と見ることもできます。

宮迫博之さん、中田敦彦さんなど大物芸能人が次々とYouTubeに参入しています。YouTubeの視聴数自体は拡大しており、企業側からすると広告を出稿する枠は拡大したものの、新型コロナウイルス感染拡大によって航空会社や公共交通機関、ホテル、飲食店、旅行会社などが広告出稿を控える動きが広がりました。需給バランスが崩れたことにより、アドセンスの単価は下落したと言われています。新人YouTuberは低単価で有名YouTuberや大物芸能人などと勝負することになり、参入するインセンティブは低くなります。そうなると、すでに知名度を得た人が有利に働きます。

UUUMは、すでに抱え込んだHIKAKINなどの大物への依存度が高まることになります。業績の頭打ちはすでに鮮明になりました。いち早く次の収益柱を獲得する必要がある同社にとって、今回のライバーとの資本業務提携は、新規事業を取り込む一つの転換点となるかもしれ

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,464フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

アドテック東京とオリコム、ジェンダーバイアスの測定基準「GEM®」を日本でスタート

アドテック東京等のマーケティングの国際カンファレ...

「radiko」アプリが全面リニューアル

株式会社radikoは、いつでも、どこでも、無料...

アイティメディアの3Q業績、リードジェンと広告ともに好調で増収増益

アイティメディア株式会社が31日に発表した202...

関連記事