SnapchatはAR技術の強さで地位を確立できるか【Media Innovation Newsletter】8/28号

おはようございます、Media Innovationの多賀です。集英社が、絵が描けなくても漫画のネームが作れるサービスのベータ版を発表。将来、ここからどんなヒット作が生まれるのか注目です。

「Media Innovation Newsletter Daily Edition」では毎朝、メディア関係者必読のニュースや、Media Innovationに掲載されたオススメ記事を紹介していきます。

8月28日の注目記事チェック

まずはMI編集部員が見つけたメディア関係の注目記事をご紹介します。

Snapchat、ビジュアル検索を強化へ–AR機能「Scan」をアップデート (CNET JAPAN)

Snapchatのスキャン機能は、QRコードだけではなく、楽曲名を特定したり数学の問題を解いたりすることが可能でした。今回のアップデートにより検索できる幅が広がり、犬や植物、車などの種類を特定できるほか、衣服を検索してショッピングを始めることもできるようです。

ツイッターが有料の「チケット制スペース」展開をiOSで開始 (TechCrunch)

Twitter版のオーディオライブ機能であるスペースは、競合サービスではまだ導入していないチケットの事前販売制をスタート。アプリ内決済のため、収益のうち、iOS版では30%をアップルが、3%をツイッターが徴収します。

アップル、他社決済も容認 米アプリ開発者と合意 (時事通信)

音声データの“脱植民地化”を目指せ:ビッグテックから母語の主権を守るマオリの人々 (WIRED)

Instagramがキーワードでのコンテンツ検索に対応、英語から開始し将来的には他言語もサポート予定 (TechCrunch)

政府統一Webサイト、暫定版を12月までに公開 製作事業者決定 (ITmedia)

8月28日のMIオススメ記事

ここからはMIに掲載された記事を紹介します。

企業がメディア化する時代に。「ナラティブを描けるメディア、人に勝機」・・・PIVOT 竹下隆一郎氏インタビュー

今月の特集「メディア業界のキャリア、これからどうなる?」のインタビューとして、元「ハフポスト日本版」編集長で現PIVOT株式会社 チーフSDGsエディター兼執行役員の竹下隆一郎氏にお話を伺いました。竹下氏の現在までのキャリア、そして今後メディア人材に求められることをお話しいただきました。

【メディア企業徹底考察 #20】エムスリーがコロナ禍で破竹の勢い さらなる成長のカギを握るのは?【会員限定】

医療情報サイトを運営するエムスリーは、コロナ禍で爆発的に業績を伸ばしました。今週の「メディア企業徹底考察」では、エムスリーが時価総額5兆円を超えるまでに成功した要因は何なのかを解説しています。

CNNが直近で200人ものジャーナリスト採用を計画・・・ストリーミングサービスCNN+の世界進出がねらいか【会員限定】

米フォーブスが上場しデジタル戦略を加速へ・・・評価額は6億3000万ドル【会員限定】

ウィルゲート、SEOツール「TACT SEO」に共起語分析機能を新たに追加・・・検索ニーズ調査が最短1分で実施可能に

Discordで利用できる情報収集サービス「Gyaaaan」が無料オープンベータテスト開始

ベクトル子会社 Performance Technologiesがモメンタムと連携・・・アフィリエイト広告配信でアドベリフィケーション対策

◆ ◆ ◆

本日はここまでです。今日も一日頑張っていきましょう!

Media Innovation Guildに登録していただければ、「Media Innovation Newsletter Daily Edition」が毎朝メールボックスに届きます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,402フォロワーフォロー

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事