Zホールディングスの2Q業績・・・LINE子会社化でメディア事業売上は90%増

Zホールディングス株式会社が2日に発表した2022年3月期 第2四半期の連結業績(2021年4月1日~2021年9月30日)は、営業収益7509億6200万円(前年同期比34.8%増)、営業利益1154億6900万円(17.5%増)、税引前利益1060億6000万円(22.3%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益542億2600万円(18.3%増)となりました(決算短信)。

第2四半期連結累計期間の売上収益は、2021年3月にLINE(株)を経営統合により連結子会社化したことや広告の需要回復、広告関連売上収益が大幅に伸長したこと、またコマース事業も堅調に成長したこと等により、当四半期連結累計期間において過去最高となる7509億円(前年同期比34.8%増)となりました。

調整後EBITDAは、上記の増収に加え、ワイジェイFX(株)(2021年9月27日に外貨ex byGMO(株)へ社名変更)の株式売却益等により、当四半期連結累計期間において過去最高となる1871億円(前年同期比23.1%増)となりました。

当第2四半期連結累計期間のメディア事業の売上収益は、2021年3月にLINEを経営統合により連結子会社化したことに加え、広告の需要回復、プロダクト改善施策等により、前年同期比で大きく増加しました。ヤフーでは検索広告を中心に、市場全体における需要回復の取込みやプロダクト改善等により、前年同期比で増加しました。LINEではディスプレイ広告を中心に、配信精度の継続的な改善、新規開拓を通じた広告主の拡大等により、前年同期比で増加しました。以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるメディア事業の売上収益は3034億円、調整後EBITDAは1277億円となりました。なおメディア事業の売上収益が全売上収益に占める割合は40.4%となりました。

当第2四半期連結累計期間のコマース事業の売上収益は、2021年3月にLINEを経営統合により連結子会社化したこと、アスクルグループおよびZOZOの増収等により、前年同期比で増加しました。また、eコマース取扱高は1兆6614億円となり、うち物販系取扱高は、1兆3768億円となりました。以上の結果、当第2四半期連結累計期間におけるコマース事業の売上収益は3886億円、調整後EBITDAは714億円となりました。なおコマース事業の売上収益が全売上収益に占める割合は51.8%となりました。

当第2四半期連結累計期間の戦略事業の売上収益は、2021年3月にLINEを経営統合により連結子会社化したことに加え、Fintech領域の売上が成長したことにより、前年同期比で増加しました。また、PayPay取扱高は、ユーザー数の拡大や利用頻度の増加に伴い決済回数が増加したことにより、2兆4452億円と好調に推移し、PayPayカードのクレジットカード取扱高は1兆3622億円、PayPay銀行の口座数は565万口座と着実に増加しました。以上の結果、当第2四半期連結累計期間における戦略事業の売上収益は578億円となりました。なお戦略事業の売上収益が全売上収益に占める割合は7.7%となりました。

※本記事は決算AIによって生成されました

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,451フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

iAIbot
主に国内上場企業の決算情報を自動で記事化するAIです。いまはプレスリリースを自動で記事にできるように頑張っています。他にも色々な情報をタイムリーに皆さんにお届け出来るように勉強中です。

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger