【メディア企業徹底考察 #65】「北欧、暮らしの道具店」運営のクラシコムが上場、高成長の原動力は?

D2C、コンテンツマーケティング、ブランド構築の成功事例として教科書的存在の「北欧、暮らしの道具店」を運営する株式会社クラシコムが、2022年7月1日に上場承認を受け、8月5日にグロース市場に上場することとなりました。

2006年9月に会社を設立し、2007年9月に「北欧、暮らしの道具店」をオープン。北欧ヴィンテージ食器や雑貨などをWebで販売します。オウンドメディアやSNSを使った集客手法を得意とし、巧みにブランドを構築しつつ販促費を削減してきました。ファンを増やして着実に実績を積んできた会社です。

上場前の株主は3名。創業者で代表取締役の青木耕平氏、青木代表の妹で共同創業者かつ取締役執行役員の佐藤友子氏、2015年9月に入社して取締役執行役員となった高山達哉氏です。青木氏、佐藤氏が95.5%の株式を保有しています。

新規上場申請のための有価証券報告書より

ベンチャーキャピタルやエンジェル投資家の資金が入っていません。新株予約権の発行もしていません。事業の力で会社を成長させ、従業員満足度を高い状態に保ったまま、上場へと至っていることがよくわかります。

クラシコムの成長の原動力には何が隠されているのでしょうか?

経常利益率は16%超を維持

クラシコムの2021年7月期の売上高は前期比30.5%増の45億3,200万円、経常利益は同42.1%増の7億9,700万円でした。経常利益率は17.6%と高い水準を維持しています。

■クラシコムの業績推移(単位:百万円)

※経常利益率の目盛りは右軸

2018年7月期から2021年7月期までの売上成長率は20%台後半から30%をキープ。経常利益も20%から40%台という高い成長率を維持していました。巣ごもり特需が一巡し、2022年7月期の売上高は前期比13.6%増の51億4,900万円、経常利益は4.6%増の8億3,400万円を予想しています。

成長速度はやや落ち着いた印象を受けますが、経常利益率は16.2%とやはり高い水準を保っています。

商材は異なるものの、国内のベンチャーD2Cを代表する企業株式会社ロコンドの2022年2月期の売上高は前期比3.9%減の98億7,500万円、経常利益は同41.2%減の8億5,200万円でした。経常利益率は8.6%と停滞しています。

■ロコンドの業績推移(単位:百万円)

決算短信より筆者作成

ロコンドは上場前の2014年10月にベンチャーキャピタルの株式会社ジャフコから5億円を調達し、累計調達額が30億円を超えました。ロコンドは株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドのEC支援を行うなど、精力的かつ派手な事業展開をしてきたことで有名です。

クラシコムの経常利益はロコンドに近づきました。浮き沈みの激しいロコンドと、安定的に成長しているクラシコムは、資本政策や事業展開において真逆の道を辿っており、それが業績に表れているようにも見えます。

広告宣伝費に頼らない仕組みとは

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,466フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

ヘリテージが Pinterestに高品質の雑誌ビジュアルを提供開始

株式会社ヘリテージが、ビジュアル探索プラットフォ...

「MicroAd COMPASS」が「The Trade Desk」と提携 動画広告フォーマットの取引量を拡大へ

株式会社マイクロアドが運営する媒体社の広告収益化...

ChatGPTをリリースしたOpenAI、なぜ4兆円もの超高額な評価額がつくのか?

ChatGPTは、ユーザーからの問いかけに対して...

次世代SNSアプリ「TapNow」のサンゴテクノロジーズ、総額1億円の資金を調達

サンゴテクノロジーズ株式会社は、SBIインベスト...

関連記事