TBS HD、2023年度に主要3施設でカーボンニュートラルを実現

TBSホールディングスは、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)提言に基づく報告書を公表し、主要3施設で2023年度にカーボンニュートラルを実現することを打ち出しました。

対象の施設は、TBS放送センター、赤坂サカス文化施設、TBS緑山スタジオの3施設。主要3施設のカーボンニュートラルは、同社グループのマテリアリティ(重要課題)のひとつ「カーボンゼロに向けた目標設定と実践」の第一歩となるものです。

スコープ1(燃料の燃焼などによる直接排出)と、スコープ2(購入した電気の使用等による間接排出)を対象にしており、CO2の排出量をより削減し、再生可能エネルギーの調達などを行い、カーボンゼロを実現します。

現在、赤坂サカス文化施設(2019年~)と緑山スタジオ(2021年~)が使用電力を100%再エネ化。これに加え、TBS放送センターでも電力の再エネ化を実施します。これにより、TBSテレビのレギュラー番組のうち7割近くで、CO2排出ゼロでのスタジオ収録や生放送が行われます。

報告書は、同社のサステナビリティサイトにて公開しています。同社は今後もCO2の排出削減に加え、企業や自治体、視聴者との連携により、気候変動対策においても「社会を動かす起点」となることを目指します。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,469フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事