Zuora、サブスクリプションエクスペリエンスプラットフォームのZephrを買収

業界向けサブスクリプション・ビジネスの収益向上をサポートするプラットフォームを提供するZuoraは、サブスクリプションエクスペリエンスプラットフォームである「Zephr(ゼファー)」の買収を発表しました。

現在、Zuoraの既存パートナーであるZephrのソリューションは両社共通の顧客に使用されており、買収によってZuora製品群の拡張に即座に対応します。

Bloomberg(ブルームバーグ)、DAZN(ダゾーン)、Guardian News & Media(ガーディアン・ニュース・アンド・メディア)、Penske Media Corporation(PMC/ペンスキー・メディア・コーポレーション)などの顧客を持つZuoraにZephrが加わることでソリューションが統合され、メディアやそれ以外の分野でも、より大きなチャンスを生み出します。

Zephrのプラットフォームは、ID管理、インテリジェントトライアル、ダイナミックペイウォール、エンタイトルメント管理、すべての加入者にパーソナライズされた体験を提供するための意思決定エンジンなどの機能により、毎月約80億件のリクエストに対応しています。そこにZuoraが持つ「Billing-課金請求」「Collect-回収」「Revenue-収益認識」システムのデータを統合。企業はサブスクライバーとの関係構築・収益化が可能になります。

Zuoraのサブスクライブド・インスティテュートの調査によると、急成長しているメディア企業は同業他社の2倍の頻度で価格とパッケージを変更していますが、ほとんどの企業は、変化するサブスクライバーのニーズに対応がしにくいシステムを課題として抱えています。ZephrをZuoraの製品群に加えることで、企業はニーズに迅速に応えることができます。

Zephrは買収成立後、Zuoraの「Billing-課金請求」「Collect-回収」「Revenue-収益認識」とともにZuoraが提供する既存の製品群の一部となる予定で、Zephrの社員はZuoraに入社します。また、Zuoraは買収完了時に現金4400万ドルを支払い、一定の財務目標に従った最大600万ドルのアーンアウト対価を支払う予定です。

買収の完了は9月上旬を予定。買収完了時には、Zuoraの年間経常収益(ARR)に約500万ドル貢献すると見込んでいます。買収により、2023年1月31日締めの2023年度は約200万ドルのサブスクリプション収入が追加されると見込んでおり、これが営業費用の増加を吸収するため、Non-GAAPベースの営業損失には影響がないものと予想しています。

2,779ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,470フォロワーフォロー

【12月6日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事