調査(12ページ中3ページ目)

嫌われない広告の形とは…?プロダクトプレイスメントに関する調査結果 画像

嫌われない広告の形とは…?プロダクトプレイスメントに関する調査結果

カカクコムグループの株式会社ガイエは、広告視聴の実態改善を目的として、「嫌われない、新しい広告の形」をテーマにした「プロダクトプレイスメントに関する認識、実態把握調査」を実施し、その結果を発表しました。調査対象は15歳~69歳の男女です。 広告情報や商品…

「日頃からフェイクニュースに注意している」78.7%…デジタルリテラシー調査 画像

「日頃からフェイクニュースに注意している」78.7%…デジタルリテラシー調査

紀尾井町戦略研究所株式会社(KSI)は、ネットの情報にどう向き合っているかを知るために「デジタルリテラシー」について調査し、その結果を発表しました。調査対象は1,000名です。 今回調査した「デジタルリテラシー」とは、デジタル版の「読み書きそろばん」のことを…

Z世代の3分の2がインターネットの利用過多を自覚・・・政府にネット依存症対策を訴える声も 画像

Z世代の3分の2がインターネットの利用過多を自覚・・・政府にネット依存症対策を訴える声も

1月31日、サウジアラビアのデジタル・ウェルビーイング・イニチアチブであるSyncは、Z世代のインターネット利用に焦点を当てた初めてのグローバルレポートを発表しました。レポートでは、Z世代の若者の3分の2がインターネットの使い過ぎを自覚しており、半数以上が日常…

1月度テレビCM放送回数ランキング1位は「スーモ」…放送回数は2位「ユーキャン」の2倍以上 画像

1月度テレビCM放送回数ランキング1位は「スーモ」…放送回数は2位「ユーキャン」の2倍以上

株式会社ゼータ・ブリッジは、「2022年1月度テレビCM放送回数ランキング」を発表しました。調査期間は2022月1月1日~1月31日。番組宣伝を除いた全国地上波25局、BS放送6局にて放送されたテレビCMの放送回数を調査し、集計しています。 2022年1月度は、リクルートホール…

ポッドキャストを聴く方法はSpotifyが34.9%でトップ・・・利用年代は20代が最多 画像

ポッドキャストを聴く方法はSpotifyが34.9%でトップ・・・利用年代は20代が最多

株式会社朝日新聞社と株式会社オトナルが共同でポッドキャストの利用実態調査を実施し、その概要を発表しました。対象は、20歳から69歳の男女10,000人です。 目次 1ヶ月に1回以上ポッドキャストを聴く割合は14.4%、年齢層では20代が最多非ユーザーと比べてビジネスパー…

2022年もアドフラウド、ブランド毀損リスク、ビューアビリティへの懸念が深刻・・・IAS調査 画像

2022年もアドフラウド、ブランド毀損リスク、ビューアビリティへの懸念が深刻・・・IAS調査

Integral Ad Science(IAS)は、日本のデジタルメディア専門家125名を対象に実施したアンケート調査をまとめたレポート「The 2022 Industry Pulse Report 日本版」を発表しました。調査結果からは、モバイルエクスペリエンスの向上、ソーシャルメディアキャンペーンの品…

電通の広告費成長率予測、21年が17.0%、22年は9.2%・・・2022年も引き続きデジタルが牽引の見込み 画像

電通の広告費成長率予測、21年が17.0%、22年は9.2%・・・2022年も引き続きデジタルが牽引の見込み

株式会社電通グループが、世界59市場から収集したデータに基づき「世界の広告費成長率予測」を発表しました。データは、2021年は成長率実績の確定、2022年は予測の改定、2023年と2024年は新規予測となっています。 目次 2021年の広告費成長率は17.0%、デジタル広告は29.…

Yahoo!ニュース トピックスの見出し文字数、最大14.5文字から15.5文字に変更 画像

Yahoo!ニュース トピックスの見出し文字数、最大14.5文字から15.5文字に変更

Yahoo!ニュースは、Yahoo!ニュース トピックスの見出しの文字数を変更し、最大14.5文字から15.5文字に変更すると発表しました。 ニュースの見出しは、より正確に理解されるように発信することが重要であることから、2022年1月27日より、Yahoo!ニュース トピックスの見出…

「仕事に関する調べ物でYouTubeを視聴する」と20代、30代男性会社員の約4割が回答 画像

「仕事に関する調べ物でYouTubeを視聴する」と20代、30代男性会社員の約4割が回答

ITツール比較サイト「STRATE[ストラテ]」は、「YouTubeの仕事利用に関するアンケート」を実施し、その結果を発表しました。調査対象は、20歳~49歳の男女正社員300名です。 調査では、仕事中、仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ますかと尋ねたところ、71…

7割強のマーケターがクッキー対策を検討…CCI 広告市場の動向調査 画像

7割強のマーケターがクッキー対策を検討…CCI 広告市場の動向調査

株式会社CARTA COMMUNICATIONSは、「2021年下期インターネット広告市場の動向と、プライバシー保護への対応がインターネット広告市場に及ぼす影響や今後の課題についての調査」を実施し、その結果を発表しました。調査対象は、国内のデジタルマーケティング業界の関係者…

FacebookとTwitter、プラットフォーム上で横行する「偽レビュー投稿」依頼に対応できず・・・イギリスの消費者団体Which?調べ 画像

FacebookとTwitter、プラットフォーム上で横行する「偽レビュー投稿」依頼に対応できず・・・イギリスの消費者団体Which?調べ

イギリスの消費者団体Which?が昨年6月~11月に実施した調査によると、FacebookとTwitterが現在、Amazonなどのプラットフォーム上で不正に商品に対する高評価のレビューを投稿してインセンティブを獲得する「偽レビュー投稿」を行う機関や団体に対し、有効な策を講じる…

世界的に成功する広告の特徴は「実生活」と「ユーモア」・・・ニールセン広告信頼度調査2021 画像

世界的に成功する広告の特徴は「実生活」と「ユーモア」・・・ニールセン広告信頼度調査2021

ニールセンデジタル株式会社が、消費者の広告や情報に対する信頼度調査「ニールセン 広告信頼度調査2021(Nielsen Trust in Advertising Study 2021)」をグローバルで実施し、その分析結果を発表しました。 目次 ユーモアを交じえた、実生活を描いた内容が受け入れられ…

Criteo、動画とコネクティッドTVに関する調査レポートを発表・・・動画広告が購買行動に大きな影響 画像

Criteo、動画とコネクティッドTVに関する調査レポートを発表・・・動画広告が購買行動に大きな影響

フランスに拠点を構え、コマースプラットフォームを手掛けるCriteoは、5Gの普及に伴い注目が高まる動画配信サービスの視聴傾向とコネクティッドTVの利用状況に関する調査を行い、その結果をまとめたレポートを発表しました。今回の調査は、日本国内の消費者1,015名を対…

2021年のデジタルサイネージ広告市場規模は594億円、2025年には1083億円の見通し・・・CARTA HD調査 画像

2021年のデジタルサイネージ広告市場規模は594億円、2025年には1083億円の見通し・・・CARTA HD調査

株式会社CARTA HOLDINGSは、株式会社デジタルインファクトと共同で、「デジタルサイネージ広告市場」に関する調査を実施し、その結果を発表しました。調査対象は、デジタルサイネージ広告関連事業者です。 2021年のデジタルサイネージ広告市場規模は、前年比114%となる…

「5Gはデジタル体験を向上させるか?」・・・英米における意識調査 画像

「5Gはデジタル体験を向上させるか?」・・・英米における意識調査

世界の消費者データの収集と分析を専門とする英国の調査会社「YouGov」は、英国と米国の消費者は5Gによりデジタル体験が向上すると考えているかどうかを調査し、結果を発表。英国人のわずか4分の1に対し、米国人の約半数が5Gによってデジタル体験が向上していると考えて…

美容口コミ「LIPS」運営のAppBrewがEC機能リリース・・・ユーザー調査では口コミメディアとECの相性の良さが明らかに 画像

美容口コミ「LIPS」運営のAppBrewがEC機能リリース・・・ユーザー調査では口コミメディアとECの相性の良さが明らかに

美容口コミプラットフォーム「LIPS」を運営する株式会社AppBrewは、「コスメ購入とECサイトの関係」について調査し、その結果を発表しました。調査対象は、「LIPS」のユーザー3,461名です。また、コスメ購入機能「LIPSショッピング」の提供を2021年12月4日から開始する…

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 10
  10. 最後
Page 3 of 12