ビットコインに代表される仮想通貨(金融庁は暗号資産と名称を変更しました)の基盤技術として登場したブロックチェーン。 分散型台帳技術とも呼ばれ、鎖のように連続的に繋がれたブロック構造でデータを保持し、遡っての改変が極めて困難という信頼性、自律的に複数のノードが同期する安定性、取引履歴が公開される透明性などが特徴とされます。

単にデジタル通貨を作る試みだけでなく、ブロックチェーンのこれらの特徴を活かした様々なプロジェクトが世界中で誕生しています。メディア領域も例外ではありません。メディアの抱える様々な課題をブロックチェーンを活用して解決しようというプロジェクトが進められています。Media Innovationの8月特集では、このブロックチェーンとメディアに迫ります。

初回は毎度恒例のカオスマップを公開。ブロックチェーンは既にあらゆる方面で検証が進められていて、実際のプロダクトはまだ少なめではありますが、各業界での展開を理解できるものとなっています。

第2回はメディアにおけるブロックチェーン技術の活用について、ジャーナリストとしてメディアを長年追ってきて、さらに事業者として著作権管理や許諾のプラットフォーム開発にも携わっている、コンテンツジャパンの堀 鉄彦 代表取締役に聞きました。

第3回ではビジョナリーとしても知られる株式会社gumiの國光宏尚代表取締役会長CEOにインタビュー。投資ファンドgumi Cryptos、夢を応援するトークンエコノミーFiNANCiE、さらにはブロックチェーンゲームのdouble.jump tokyoへの出資などブロックチェーンに全面投資するgumiの戦略と方針について聞きました。

第4回はメディア領域でのトークンエコノミーということで、株式会社イードでゲーム事業を統括し、「GameDays」の開発に取り組んでいる 宮崎 紘輔 部長をインタビュー。「ゲームを遊ぶ」だけで生活が送れるような未来を作りたいという構想について聞きました。

第5回ではブロックチェーンの社会実装に取り組む株式会社BlockBaseの 真木大樹 代表取締役にお話を聞きました。企業が抱えているブロックチェーン導入への課題や、NFT(Non Fungible Token)を活用して音楽の原盤権や3Dデータ流通を行うという取り組みについても聞きました。

第6回はTokyo Otaku Mode、bitFlyer Blockchain、イードの3社が、トークンを活用した翻訳プラットフォームとして開発を進めている「Tokyo Honyaku Quest」のプロジェクトについて、立ち上げから関わっている3名のキーマンにお話を伺いました。

特集: ブロックチェーンとメディアのこれから

  1. 活用が広がるブロックチェーン領域のカオスマップを大公開!全135の企業・サービスを掲載
  2. メディアにおけるブロックチェーン技術の活用とは? 著作権管理と許諾のプラットフォームにも取り組む、コンテンツジャパンの堀代表に聞く
  3. ブロックチェーンで資本主義的な世界を超える!全領域に積極投資を進めるgumi國光会長に聞く
  4. 「ゲーム遊ぶ」だけで生活できる未来を作りたい、ゲーム領域のトークンエコノミーに挑む「GameDays」・・・イード宮崎氏
  5. NFTを使った音楽の原盤権や3Dデータ流通にも取り組む、ブロックチェーンの社会実装を目指すBlockBase真木社長インタビュー
  6. トークンを使ったコンテンツの翻訳プラットフォーム「Tokyo Honyaku Quest」について、Tokyo Otaku Mode、bitFlyer blockchain、イードの3社に聞く

登壇者が出演するイベントは28日(水)に開催

Media Innovationのオフラインイベント「Media Innovation Meetup」では、8月も特集と同じく「ブロックチェーンとメディアのこれから」というテーマで、4名の方をお招きして8月28日(水)に開催します。ぜひお誘い合わせの上、ご参加いただければ幸いです。

■概要
日時 2019年8月28日(水) 19:00~22:00
会場 Vacans Space5 〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル B1F
主催 株式会社イード

■スケジュール
18:30 開場
19:00 開演、主催者挨拶
19:05 各登壇者からプレゼンテーション
    株式会社イード 宮崎紘輔 部長
    BlockBase株式会社 真木大樹社長
    株式会社gumi 国光宏尚 会長
    株式会社bitFlyer blockchain 加納裕三 社長
20:15 パネルディスカッション
20:50 懇親会
    軽食とドリンクを用意します
21:45 終了

チケットはPeatixで販売中です。