トランスコスモス、Facebook/Instagram「コンバージョンAPI」実装支援サービスを開始

トランスコスモス株式会社は、Cookie規制対策のAPI連携を専門的に推進するメンバーで構成されたデータマーケティングチームを発足し、Facebook/Instagram「コンバージョンAPI」実装支援サービスの提供を開始しました。

Facebook/Instagram「コンバージョンAPI」実装支援サービスは、提供サービス第一弾として実施。広告配信とWebサイト運営に携わり、データ活用のノウハウを蓄積してきたデータマーケティングチームがサービスを提供します。

ユーザー企業が保有するサーバーを介さずに、コンバージョンAPIを実装できる環境構築を支援すると同時に、コンバージョンデータ連携用システムを提供。ユーザー企業のリソース負担を最低限に抑えつつ、Facebook/Instagram広告のパフォーマンスを最適化できるシステム環境を速やかかつ安全に実現できるとのことです。

「コンバージョンAPI」とは、Facebookの新機能で、web上のデータ計測を3rd Party Cookieベースでなく、サーバーベースで行うことができます。この機能により、広告配信の最適化に必要なデータを補完・代替でき、成果の最適化が期待されています。Facebook/Instagram「コンバージョンAPI」実装支援サービスでは、システム実装や保守における技術・人的リソースのハードルが高い「コンバージョンAPI」の実装を支援します。

このサービスでは、トランスコスモスがコンバージョンデータ連携用のシステムを提供するため、ユーザー企業側はトランスコスモスのシステムへ必要なデータ項目を連携するだけとなり、「コンバージョンAPI」の実装が不要となります。

速やかで安全なコンバージョンAPI環境を提供するため、企業はCookie規制強化後のFacebook/Instagram広告パフォーマンスを最適化でき、システム面のリソース負担も最低限に抑えることができるといいます。

ユーザー企業は、コンバージョンAPI計測に必要なデータを企業側のサイト・サーバーで取得し、取得した項目をCSVファイルに成形します。トランスコスモス側のサーバにこのCSVファイルを転送すると、トランスコスモスが同社サーバ側で、コンバージョンAPIを用いてデータを登録します。

発足したデータマーケティングチームは、GoogleやYahoo!などのプラットフォーマーが提供するデータと企業が保有するデータを連携させた広告配信、検証を推し進めています。同社は今後も、API連携を推進するデータマーケティングチームによるソリューションの提供を通じ、企業のデジタルトランスフォーメーションの推進をサポートしていくとのことです。

2,624ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,150フォロワーフォロー

【7月27日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

【7月27日更新】音声メディア(ポッドキャスト)の最新動向を学ぶための記事まとめ

ポッドキャストに代表される音声コンテンツは、特に...

最新ニュース

お知らせ

関連記事