Glossom、天気予報専門メディア「tenki.jp」のアプリ収益化を動画リワードなどで支援

グリー株式会社の100%子会社でデジタルマーケティング支援を行うGlossom株式会社は、天気予報専門メディア「tenki.jp」のアプリ収益化支援を開始したことを発表しました。

「tenki.jp」は、一般財団法人日本気象協会株式会社ALiNKインターネットが共同運営する日本最大級の天気予報専門メディアで、日本気象協会が発表する気象情報を無料で提供しています。今回、アプリの継続的な売上成長にコミットするプロフェッショナルチームによる収益化支援プロジェクト「Project Blossom(通称:プロブロ)」にて、アプリ収益化支援を開始しました。

2021年4月にリリースされたiOS14.5より、ユーザーの個人情報保護のための施策として開始されたIDFAの利用制限後、ユーザーのIDFAのオプトイン率が現状4割程度となっています。また個人情報保護強化の流れがより強化されることが考えられ、アプリ事業者は自社のアプリやユーザーにマッチした収益化方法を模索することが課題となっています。

ディスプレイ広告などを中心としたアプリの収益化施策を行ってきた「tenki.jp」アプリでは、ディスプレイ広告の設置がアプリのユーザビリティを損ねる側面もあることに加え、IDFA利用制限への対策として、現状のプログラマティックな収益化以外の収益化施策を模索していたことから、プロブロによるアプリ収益化支援に至ったとのことです。

プロブロでは、「tenki.jp」アプリの幅広い収益化施策を提案し、アプリの継続的な収益成長をサポートします。その一環として、「tenki.jp」でまだ着手していない収益化施策を幅広く提案。アプリ内で利用できる報酬をユーザーに付与する代わりに、15~30秒程度の動画広告を視聴してもらう広告フォーマット「動画リワード」を初めとした収益化施策により、売上の成長、ユーザー体験の向上につなげていくとしています。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,448フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

【12月3日更新】メディア領域におけるブロックチェーンに関する記事まとめ

ブロックチェーンは分散型台帳技術とも呼ばれ、取引...

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger