株式会社講談社は、読者のオタク的要素に着目したインターネット広告プラットフォーム「OTAKAD(オタカド)」の提供を開始しました。

「OTAKAD」は、講談社の各ウェブメディアの記事閲覧データをもとに、独開発したAIによって読者の趣味趣向を指数化、「オタク」度合を解析します。リアルタイムで読者属性に合致した広告配信をすることで、読者の消費行動をマッチした広告訴求が可能となります。

「OTAKAD」の実装とデータ連携を行うことができるようになったのは、ViVi
with online、VOCE、mi-mollet、FRaU、現代ビジネス、マネー現代、ゲキサカ、FORZA STYLE、COURRiER Japon、FRIDAYデジタルの11ウェブサイトです。

各媒体が専門性の高い記事を提供しているため、読者が強い興味を持つトピックをより詳細に計測し、興味の度合や行動変容を把握することが可能となりました。

現在、講談社では消費行動を起こしやすいであろう「オタク」基本セグメントを20種類用意しているとのことです。また、IntegralAdScience社(以下IAS社)が提供する最適化配信技術も採用し、IAB基準に沿ったViewability、AdFraud、BrandSafetyといった基準を指定した広告配信も同時に利用することができます。