大日本印刷とサイバーエージェントが業務提携…エレベーター内サイネージでの広告配信事業を展開

大日本印刷株式会社(DNP)株式会社サイバーエージェントは、エレベーター業界でのデジタル広告事業の創出で業務提携すると発表しました。

2009年にデジタルサイネージ事業を開始し、「イエナカ(家中)/マチナカ(街中)/ミセナカ(店中)」で情報を発信できるメディアとコンテンツ制作のノウハウを培ってきたDNPと、インターネット広告事業で培った広告配信関連の開発力や運用力、デジタルサイネージの効果計測技術の研究開発に強みを持つサイバーエージェントは協業により、エレベーター内サイネージでの広告配信事業を展開します。

提携の第一弾は2021年10月より開始。デジタルサイネージに広告・コンテンツを表示する「DNPサイネージ配信管理システム SmartSignage(スマートサイネージ)」とサイバーエージェントの広告配信システムを連動させ、”ターゲットとなる生活者へ最適な広告を表示する”デジタルサイネージ広告をDNPと東芝エレベータ株式会社の両社が展開するエレベーター内サイネージで提供します。

DNPは協業により、広告配信先のデジタルサイネージ枠の拡大、「SmartSignage」の提供とサイバーエージェントの広告配信システムとの接続、広告の視聴者分析・データ蓄積などを実施。サイバーエージェントは、広告配信システムの提供と「SmartSignage」との接続、広告主への効果検証・レポーティングなどを行います。また、広告主への営業・販促活動、広告商品の企画・設計などを両社で行います。

今後も両者は、広告をエレベーター内サイネージへ配信することで連携し、デジタルサイネージの拡張、広告配信システムの配信ロジック拡充、広告コンテンツをより細分化して生成する機能などの開発を積極的に進めていくとのことです。

また、DNPが保有するサイネージメディアや新たなデジタル屋外広告(DOOH)メディアにも取り組み、ターゲットとなる生活者への広告訴求効果が高い次世代型DOOHの実現も目指すとしています。

主な業務提携の特長

「SmartSignage」と「広告配信システム」の連動によるインプレッション広告により、広告主が広告を届けたいターゲットが利用するエレベーターに向けて最適な広告を配信。DNPの「SmartSignage」とサイバーエージェントのエレベーター内サイネージ向け広告配信システムを接続し、各広告主がターゲットとする生活者に対する表示回数(インプレッション)を重視した広告配信を実現します。

センサー付きカメラを備え、個人を特定することなく、広告を見ている人の属性や状況を把握するセンシング機能を有するエレベーター内サイネージを使用し、センシングデータの蓄積や分析を実施。広告の効果測定や広告主へのフィードバックに活かし、より高い広告効果を実現します。

また、両社の営業ネットワークを活かした広告商品を販売。全国で大規模な広告企画を展開する大手企業のほか、エレベーター内サイネージが設置された地域の地元企業へ広告商品を提供していきます。

2,773ファンいいね
226フォロワーフォロー
2,433フォロワーフォロー

【10月12日更新】メディアのサブスクリプションを学ぶための記事まとめ

デジタルメディアの生き残りを賭けた戦略の中で世界的に注目を集めているサブスクリプション。月額の有料購読をしてもらい、会員IDを軸に読者との長期的な関係を構築。ウェブのコンテンツだけでなく、ポッドキャストやニュースレター、オンライン/オフラインのイベント事業などメディアの立体的なビジネスモデルをサブスクリプションを中核に組み立てていく流れもあります。

最新ニュース

関連記事

Advertisment ad adsense adlogger